トヨタホーム デメリット

トヨタホームのデメリットとは

トヨタホームで家を建てようと検討しているという人はいると思います。

 

 

トヨタホームは耐久性がよく、さらに耐震なども優れていて長寿命な家であるといわれている反面、デメリットも実はあるようです。

 

 

そこで、トヨタホームのデメリットと言うものをご紹介したいと思います。

 

 

まず、大きなデメリットと言うと、やはり費用面の問題があります。

 

 

やはり地元の工務店だったり、さらにはローコスト住宅に比べると高くつくという傾向があり、坪単価なども高めとなっています。

 

 

たとえば、工法よっても差がありますが、大体の坪単価は60万から75万円となっていますので、こうしてみてみると高いですね。

 

 

さらに、メンテナンスなども定期的にお金がかかるといわれており、こうした費用面ではお高めとなっているのがデメリットだと言えるでしょう。

 

 

さらに、トヨタホームというと、車づくりの技術を生かした鉄骨と言うのがウリとなっていますが、まさに、この家の骨組みが鉄骨であるため、木造住宅よりも冬は寒いかもしれないというのがデメリットとなっています。

 

 

さらに、トヨタホームですが、内装、そして外装ななんかにもこれといった特徴というものがないという点がデメリットであるといわれています。

 

 

たとえば、デザイン性に優れているというわけではないので、デザインにこだわりがあるという方だったり、さらには変わったオリジナルのデザインの家にあこがれがあり、そういたものが建てたい人、さらにデザイナーズ住宅というものを検討されているという方には不向きであるといわれています。

 

 

さらには、知名度がないといった点、さらに営業マンの対応に差があるという点もデメリットです。

 

 

たとえば、トヨタと言うとどうしても車のイメージがありますので、トヨタホームといっても、ピンとこないかたもたくさんいると思います。ですのでどういった家なのか知らない人にイメージを湧かせにくいという場合もあります。

 

 

さらには、どのメーカーでもそうですが、営業マンの対応にバラつきなどがあり、こういった点をデメリットに感じる人もいるようです。

 

 

トヨタホームの評判のTOPへ戻る