トヨタホーム 評判

トヨタホームや他ハウスメーカーの間取りや支払総額表が無料でもらえます。

 

各ハウスメーカーの間取りを参考にできるのでおススメです。

 

トヨタホームのLQの評判

マイホームを建てるにあたって、やはり気になるのは、口コミだったりします。ハウジングメーカー自体の口コミも大切ですが、それだけではありません。

 

 

各ハウジングメーカーから、さまざまな商品がでています。その中から1つを選ばないといけないとなると、やはりその各商品の特徴や、それについての評判というのも気になってきます。

 

 

トヨタホームで最近注目をあつめている商品が、「新発想の家LQ」です。トヨタホームは、これは新発想の家LQに限らない点になりますが一般的にみても、高い単価だと言われています。

 

 

これは、トヨタホームは他の住宅メーカーにはない独自の発想や、工法といったものを採用しているということもあります。ただ、こういた高いトヨタホームの中で、もう少し手の届くかたちで、そして自分の希望の家を建てるというプランが、この、「新発想の家LQ」になってきます。

 

 

「新発想の家LQ」では、さまざまなデザインや、間取り、家の向き、といったところから、選択をして家をデザインしていくようになっています。トヨタホームの「新発想の家LQ」のホームページを見てみるととってもよくわかるのですが、さまざまなタイプの家が並んでいて、そこから選んでいくようなスタイルになっています。

 

 

こういったトヨタホームの「新発想の家LQ」の選び方、自分の家のつくりかた、という点に、いい評判も聞かれます。どういった家が理想なのか、ときかれても、素人ではうまく答えられないというところもあります。何について、自分が希望するのか、なかなかわかりません。

 

 

それを、南向き、とか、外壁はこう、とか、窓はこう、といった形で、分かりやすく選びやすくしているという点でも、トヨタホームの「新発想の家LQ」は評判がよいのです。

 

 

また、こういったタイプ別にすることで、通常の注文住宅よりもリーズナブルな単価とすることもでき、それもトヨタホームの「新発想の家LQ」のメリットとなっているようです。


トヨタホームのエスパシオの評判

色々なるハウジングメーカーの商品を見ていく際、メーカーの評判だけではなく、その商品のもつ特徴などによって、自分にあっているものを見つけることも大事になってきます。

 

 

トヨタホームといえば、有名な自動車のトヨタ系列の会社です。そのため、地元の愛知県では、かなりの人気となっていて、実際愛知県内ではシェア1位となっていますが、そういった自動車のイメージだけではなく、独自性のある家づくりで人気があるハウジングメーカーになってきます。

 

 

そういった中で、特に都会に住む人をターゲットにしているのが、「エスパシオ」シリーズです。

 

 

トヨタホームは、こそだて世代や、建替え世代といった、ターゲットを絞って提案する形の商品に強いともいわれていますが、こういった中、「エスパシオ」シリーズは、鉄骨に対する強みと、商品力というところで、評判のよいものになっています。

 

 

「エスパシオ」シリーズは、鉄骨軸組系「EST工法」を採用していますが、トヨタといえば、自動車、鉄に強いハウジングメーカーになります。鉄骨の家の強さや耐久性というのは、鉄がどれだけ錆に強いか、というところにもかかってきます。こういった点で、トヨタホームは、錆への強さという点が売りともなっています。

 

 

この「エスパシオ」シリーズですが、だいたいの価格帯が、65〜80万円以上ということで、けして安い価格帯ではありません。都会に住む、高級路線がメインターゲットとなっています。そのため、都会に住み、かつ自分のこだわりをもって、家を建て、生活するといった人に好評な路線だといえるでしょう。

 

 

そのため、「エスパシオ」シリーズは、いろいろな商品が出ており、ESPACIO EF 、ESPACIO EF ガレージのある暮らし 、ESPACIO EF 都会に暮らす家 、ESPACIO EF URBAN WIND 、ESPACIO Mezzo 、ESPACIO GXとなっています。

 

 

どれも高級感があり、こういったスタイルを好む人には定評がありますが、更に自分にあったものを選べるという点でも、とくに若い世代を中心に人気があるといえます。

トヨタホームのはぐみの評判

トヨタホームというのは、自動車のイメージが強いですがそれだけではなく、独創的な、コンセプトのある家づくりでも評判があるハウジングメーカーとなっています。

 

 

こういった中で、特に、20代後半から30代前半の世代、いわゆる一次取得と呼ばれる、子育て世代に評判がよいのが、トヨタホームの「シンセ・はぐみ」になります。

 

 

この「シンセ・はぐみ」の特徴としてまず挙げらえるのが、家族に優しい家というところになるでしょう。子育てをする若い世代の親にとって、嬉しいつくりがたくさんつまっています。

 

 

たとえば、家族のコミュニケーションを満喫できる「はぐみダイニング」というもので、これは 「シンセ・はぐみ」のメインとなるものです。この「シンセ・はぐみ」では、家族のコミュニケーションというものを大事にしていて、家族が生活する場所である家の中心として「はぐみダイニング」を設けているのです。

 

 

この大空間というのは、ただ食事をするスペースというだけでなく、たとえば幼児期の子供の遊び場所や、学校に通う様になった子供のや勉強スペースといった用途を想定して作られています。

 

 

家族が自然と集まり、コミュニケーションをする場所を、「シンセ・はぐみ」では大切にしており、こういった生活のイメージを持てる家という事で、「シンセ・はぐみ」の評判もよくなっています。

 

 

外壁などについても、選べるようになっていて、外観を大事にする若い世代にとって、嬉しい仕様です。またキッチンの広さや、クロークルームの使いやすさといった点でも、とても人気のあるポイントです。

 

 

また、 この「シンセ・はぐみ」においては、トヨタホームが得意とする、間取り可変対応力というものが生かされています。この可変性によって、将来のリフォームも可能なのです。

 

 

子供が大きくなってからも、住み方がかわっても、心地よく住み続けられる家として、「シンセ・はぐみ」は若い世代を中心に、評判の良い家となっています。

トヨタホームのフィーラスの評判

色々なるハウジングメーカーの商品を見ていく際、メーカーの評判だけではなく、その商品のもつ特徴などによっても違いがでてきます。こういったなかで、自分に一番あっている家を見つけていきたいものです。

 

 

現代の家のもつ機能性と、古き良き日本のライフスタイル、こういったものの調和を求めるのであれば、トヨタホームの「フィーラス」という商品を見てみるのもよいかと思います。

 

 

トヨタホームの「フィーラス」は、トヨタホームが出しているシリーズの中で、家族の暮らし方や、自然と調和したライフスタイルといったところにテーマを置いた家づくりの商品となります。

 

 

このトヨタホームといえば、有名な自動車のトヨタ系列の会社です。そのため、地元の愛知県では、かなりの人気となっていて、実際愛知県内ではシェア1位となっていますが、そういった自動車のイメージだけではなく、独自性のある家づくりで人気があるハウジングメーカーです。

 

 

このトヨタホームが提案するのが、トヨタホームの「フィーラス」です。この家は、家族が暮らす家、自然と暮らす家、といった、昔からの日本の家のあり方を、今に生かすような商品だといえるでしょう。

 

 

そのため、幅広い世代から、評判のよい家だといわれています。ただ、昔のライフスタイルとはいっても、今の若い子育て世代にも支持されている部分が多いようで、こういった世代からの評判もよいとされています。

 

 

たとえば、ダイニングやキッチンといった生活するエリアの横に勉強するスペースを設けるといったつくりが見られます。これは、家族のいる安心感の中で勉強する方が、子供によいという、温故知新的な考え方を、家づくりに生かしているものです。

 

 

また、かつてのプライベートを重視する家づくりよりも、目的別に部屋を区切らず目的に合わせて空間を使う、といった提案をしているのも、トヨタホームの「フィーラス」になります。また、トヨタホームの「フィーラス」には現代版縁側もあり、これも好評です。

 

 

少し懐かしく、そして今にあった家づくりが、トヨタホームの「フィーラス」評判となっています。

トヨタホームのシンセの評判

トヨタホームというのは、有名な自動車のトヨタ系列の会社ですが、そういった自動車のイメージだけではなく、独創的な、コンセプトのある家づくりでも評判があります。

 

その中でも、40、50代の世代に評判のよい家なのが、トヨタホームのシンセです。このトヨタホームノシンセは、もともと環境に優しい家ということでも知られていましたが、さらに、ターゲットを建替え・2世帯層の世代に絞り、フリープラン商品として、「シンセ・ソレスト」として販売されています。

 

 

この「シンセ・ソレスト」のコンセプトとなっているのが、 次の世代へ引き継げる家というところです。今自分たちが暮らすだけではなく、その先もずっと、子供や孫に世代にとってもここちのいい家、を実現するということろが、評判となっています。

 

 

この「シンセ・ソレスト」のコンセプトを裏付けるのが、最長60年保証の長寿命の家というところです。震災があってからは、耐久性、耐震性というところにも、注目が集まるようになっていますが、こういった中で、「シンセ・ソレスト」においては、大地震後も住み続けられる高い耐震性を持っているといわれています。

 

 

更に、そういった環境になっても安心できる、制震装置「T4システム」も備えており、安全面においても、評判がよいポイントを備えています。この耐震性については、2008年11月、実際の建物を使った公開実験で効果を実証したことでも知られています。

 

 

 

こういった制震装置「T4システム」は、オプションで付けることが可能ですが、これを選ぶ人も多いようで、定評ある高耐震性となっているようです。

 

 

また、元来トヨタホームが持っている特徴のひとつ、間取り可変性というところも、この「シンセ・ソレスト」にいかされています。将来的にリフォームが可能ということが最初からわかるということで、そういった安心感も、評判となっているようです。

 

 

この世代のニーズにあった家づくりという点で、「シンセ・ソレスト」は、トヨタホームの定番商品となってきているといえるでしょう。

トヨタホームの口コミ

マイホームを建てるにあたって、貴重な参考になるのが、実は口コミだったりします。ハウジングメーカーといっても、全国にたくさんあり、それぞれの特徴や強みというのもさまざまです。こういった中から1つを選ばないといけないとなると、いろいろな評判も気になってきます。

 

 

こういった中で頼りになるのが、やはり口コミとなってきます。各ハウジングメーカーが、ホームページでも色々な情報を公開していますが、そこに載っているものだけだとわからない点というのもあるでしょう。

 

 

実際にそのハウジングメーカーで家を建てたり、そのハウジングメーカーの担当者とやりとりをしたことのある人の口コミを見ていく上で、分かってくることも出てきます。
こういった中で、トヨタホームの口コミを見てみたいと思います。

 

 

トヨタホームというのは、あの有名な自動車のトヨタの関連会社になりますが、口コミという点でも、とても特徴があります。愛知県においては、口コミの数も多く、そして内容としても、評判も良い、といった形になるのですが、全国的に見てみると、そこまでいい口コミともいえないという結果もあります。

 

 

トヨタホームはトヨタの地元の愛知県では非常に人気があるという事が、この理由として挙げられます。地元ではダントツともいえるハウジングホームとなっていて、その証拠に、愛知県内ではシェア1位です。ただ、全国的にみると、そうはいかないというのが実情のようです。そのため、口コミでも厳しい声もあるようです。

 

 

そういった厳しい口コミとしては、営業が甘いとか、説明がきちんとできない営業がいる、トヨタ自動車のノウハウを生かすというけれど、リアリティがない、といったような内容です。

 

 

逆によい口コミとしてあるのは、鉄に強いハウジングメーカーであるということがやはりあがってくるようです。鉄に強い、錆に強い家を作るという意味では、やはりトヨタホームには、一定の評価があるといえます。

トヨタホームの値引き交渉方法

トヨタホームというと、あの自動車のトヨタのハウジングメーカーとなります。

 

 

このトヨタホームは、独自性のある家づくりで人気があるハウジングメーカーになってきます。そこまで市場におけるシェアは大きくないものの、大手に類するような価格帯になっているといえます。

 

 

実際の価格帯のレンジをを見てみてみても、決して安くはありません。ユニット工法では65万円くらい、鉄骨軸組工法では70万円くらい、という坪単価がが目安となってきます。

 

 

このように、坪単価が高めのトヨタホームですが、ぜひトヨタホームでと思う方で予算に限りがある方は、やはりそこは値引きに期待したいところですが、それもなかなか難しいという評判があります。

 

 

実際、トヨタホームというのは、あまり安い価格にならないような傾向があります。トヨタホームは本来の自動車メーカーですので、そこで培ったノウハウや技術というのを、家の構造などに活かしている、というところに自負があります。

 

 

そういった背景があるため、坪単価も若干高いのです。そして、それを値下げするようなことも、基本的にはすくないといえるようなのです。

 

 

他のプレハブ系のハウスメーカーと比較してみても、最終の価格を並べると、高く着地していくようです。これも、値引きが少ないという結果になるでしょう。そのぶん、確かに出来上がりを見てみると、若干グレードが高いというようなイメージもあります。

 

 

トヨタホームとはいえ、自動車とは違いますので、大量生産による低価格化というわけにはいかないのでしょう。車は、まったく同じものを機械的に作れますが、家はそうはいきません。

 

 

こういった点でも、トヨタホームはなかなか値下げがされないといえるのでしょう。自動車のノウハウを生かすということが売りにされるトヨタホームですが、価格の面では、それはなかなか反映されにくいところとなっているようです。

 

 

そのため、ローコストビルダーなどの坪単価と比べてみるとかなり大きな差がでてしまっているところになります。

 

 

値引き交渉のポイントは他社のハウスメーカーと迷っていますと言うニュアンスで営業マンと交渉する事です。

 

 

最初からトヨタホームだけと思われては、値引きはしてもらえませんので・・・。

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」で無料でいろんなハウスメーカーの支払総額を調べておいて損はないです。

 

 

他社の値段を知っていることで、「他はこれぐらいの金額でできるのですが、もう少し安くなりませんか?」と値引き交渉が進めやすくなります。

 

 

また、各メーカーの間取りも無料でもらえますので、こんな間取りもありだななど参考になるのでおススメですよ。